スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期連載開始! カツァリス今昔物語

久しぶりの気合入った企画です。カツァリスが1980年代にどのように日本の音楽ファンの前に姿をあらわしたのか、執拗ともいえる批評家からの迫害の嵐、ショパンを弾くのバブル人気など、長期連載で振り返って行きたいとおもいます。Special Contentsのコーナーから、どうぞ。
スポンサーサイト

再度 予告

23-25日の間だけ、クリスマスプレゼントを用意します。
お楽しみに!

カツァリス生い立ちスライドショー(オフィシャルサイト)

オフィシャルサイトで、こんなページができております。
なかなかよくできているコンテンツです。小さいころの面影はあまりいまに残ってないですなあ。小さいころは女の子みたいです。
オフィシャルサイトの管理人のロビンは、パリ音楽院のピアノ科の現役学生ですが、こっち(Web制作)のほうが向いているのではないだろうか。(そういえば、吟遊詩人と姫君を弾こうとして難しすぎて弾けないと泣きが入ってたが・・本当にプロを目指しているのだろうか)

2006年スケジュール更新

2006年のスケジュールがだいたい決まったようですので、更新しました。年初はエジプトにはじまり、5月は上海、夏は常連のフズムフェスティバルに、10月はいよいよ日本。12月にソウルとマレーシア。なんだかアジアのスケジュールが目立ちます。

リンク集更新(エテルナハ音楽祭追加)

カツァリスの美人アシスタント、フランソワーズさんから、エテルナハにリンクしてほしいという依頼があったので、リンク集に追加。いつか、行ってみたいものだが。

予告

まもなくクリスマスですが・・。
せっかくのクリスマスなのにアクセスしてくれた人の
ために23-25日の間だけ、すてきなクリスマスプレゼン
トをご用意いたします。
なにかは、当日のお楽しみ!!

あのEMIの名盤が国内CD化!?

BBSに寄せていただいた情報なのですが、あのEMI時代の名盤「ハンガリー幻想曲、ハンガリー風幻想曲、さすらい人幻想曲」のLPが来年2月に国内で復刻CD化されるという情報が・・。
協奏曲にショボい録音しかないカツァリスにとって、このオーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団との共演盤は文句なしのベスト録音のひとつで、名盤誉れ高い録音です。
かねてから、復刻CD化の要望が強かったものの、版権をEMIが失ったとかで無理ときいていたのですが、なんと国内盤でしかも廉価版1300円での復刻ですか!? 
来年の発売にもかかわらず、Wish Listに入れちまった!
かならず皆さん買ってください!!!!

カツァリスは100人に入らないのか

えー、プチネタを。
こんなページでカツァの名前を見つけてしまいました。
ぴろこさんの口から「カツァリス」の名前がでるのもなんだが、あんたギリシャ人じゃないよ、カツァは。
そんなことよか、あんたが選んでる100人の中にカツァリスは入らないんかい? 2006年が最後ってか・・。

ちなみに文中触れられているショパンコンクールのパーティの件だが、以下は有名な話。

続きを読む

VIVAにカツァリスマニアックスの新コンテンツオープン

おなじみ《VIVA PIANIZM》のカツァリスマニアックスに新コンテンツ「入信のすすめ」がオープンしました。
広報部長ムルモさまの布教活動の集大成です。わたくし管理人も少し協力させていただきました。VIVAの最近の充実ぶりはすごいですなあ。
ちなみに、私の信者度は中級信者でした。。。。
Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。