スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMIシューベルト小品集ひっそりとCD化・・・

1970年代に発売されていたEMIからのシューベルト小品集ですが、
これまで一部のみオムニバスアルバムでCD化されていましたが、
このたび全曲がめでたくCD化されています。

しかーし・・・

なんと、シューベルト・コレクターズ・エディションというCD50枚組
の中の1枚です・・・。(こいつです。
shubert edition


結構手に入りにくく、あちこち探しましたが、国内通販ではすでに売り
きれのところが多く、海外のオンラインショップに頼むしかありませんでした。
まあ、1枚のために、50枚組のCDを買う必要もありませんかね。

演奏は、とにかく「わかーい」の一言。いまのカツァリスを知っていたら
楽しめるかもしれないが、これだけ聞いてもちょっと変わった元気のいい
演奏という印象。その後EMIから出したハンガリア幻想曲などと比べて
もかなり見劣りする水準。
同じEMI系ピアニストのツァハリアスと間違われていたころの思い出・・・。

スポンサーサイト

カツァリス 2006日本公演 NHK BS再放送(08年1月9日)

以前放送された、2006年10月浜離宮での来日公演の模様がNHK-BSで来年1月9日に再放送されます。
内容は以前とまったく同じなのでつまらんです・・・。

http://www.nhk.or.jp/bsclassic/bscc/2008-01/bscc-2008-01-09.html

以前、このときの映像をPIANO21からDVDにしたいとカツァは言っていましたが、どうなっているのでしょうかね。(いつものように言いっぱなしだとおもうが・・)

グリーグ協奏曲 日本発売

どうやら、アーカイブスシリーズのグリーグ協奏曲の発売が早まったようで、突然おくられてきました・・。

今回のグリーグのコンチェルトはもちろん初出音源なのですが、正直いって音質はちょっと悪いです。FM音源だとおもいますが、前回のラフマニノフ3番のほうが格段によいですね。
カップリングの朝や叙情小曲集などは、ライブですが、予想通り1986年ベルゲン音楽祭ライブでした。予想外に音質がよくて個人的にもっているFM音源よりもかなりクリアに入っています。これはおすすめ。
ちょっと不思議なのは、この音源「Courtesy Teldec Clasics」と書いてあるんですよね。ということは、もともとテルデックの倉庫でお蔵入りになっていた音源???

グリーグ:
・ピアノ協奏曲イ短調 op.16
・『ペール・ギュント』~朝
・練習曲~ショパンへの頌歌 op.73-5
・抒情小曲集より(18曲)

購入は以下でどうぞ。ただし、マルチバイで購入しないとちと高い・・。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2654268
Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。