取り急ぎ、東京・葛飾公演

日々是カツァリス2009の更新は明日以降ということで、取り急ぎ感想を。

いやー、今日の東京公演は良かったですねー。
昨年の浜離宮も管理人のカツァリスベスト公演の一つでしたが、今回もそれに近いくらい良かったですね。
神戸では、本人の調子は良さそうでしたが、ピアノを弾きにくそうにしてました。でも、今日はバッチリで、とにかくタッチがいつも以上に繊細、音色も豊かで完全にコントロールできている感じでした。
ただ、いつもの浜離宮などの室内楽専用ホールよりは少し大きいホールなので、完全にカツァリスの音の洪水の中に身をおくという感覚がなく、そこは残念でした。(私は後ろで聞いていたので) その反面いつもは聞き取りにくい細部までばっちりクリアーに聞こえたので、新しい発見も多かったです。
結果として、アンコールが3日間とも同じという、彼としては珍しい構成でしたが、なんか意図があったのかな・・・。

さて、本公演はこれで終わりですが、来週は例のTOSHIとのコラボがあります。いまいちよくわからないので管理人もスルー状態でしたが、もしかしたらちょっとおもしろいことになるかもしれません。
コラボではなく、カツァがソロで弾く曲が、いつもとはちょっと違うレパートリーで、即興的に弾くかもしれませんので、意外に楽しめるかも。(例のサイエンなんとかというものの話はどーでもよいが・・)
また追加情報が入ったらここでお知らせしますが、迷ってる方はとりあえず彼のソロ部分を聞くためにでも行くのもいいかもしれません・・・。怖いもの見たさで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも拝見させて頂いております。
神戸のピアノは特定の鍵盤から
きしむような耳障りな音がでてました。
近くで聞いてて気になりました。
演奏は悲愴の一楽章の速さにびっくりしました。
Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク