スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークヤマハの秘蔵っ子KOJI

さて、以前にも紹介したカツァリスを尊敬してると公言する若いアメリカの日系人ピアニスト Koji Attwood君ですが、You Tubeでカツァリスの後継者らしい、トランスクリプションを披露しています。

まずは、カツァリスも「ピアノラリティーズ」で弾いたアルハンブラの思い出。カツァリスは盟友ペンソンのアレンジでしたが、Kojiは自分自身によるアレンジです。



なお、このアルハンブラの思い出は、彼が2008年のフズムフェスティヴァルに出演した時の演奏を、iTune Storeで買うことができます。
http://itunes.apple.com/jp/album/rarities-piano-music-2008-live/id327519120

もう一曲は、これぞトランスクリプションの申し子、チャイコフスキーの第4交響曲です。いつかカツァリスにも弾いてほしいものです。(「いつかね」とカツァリスは答えていましたが・・・)これもKoji自身のアレンジです。




Kojiがメジャーになって日本にもやってくること日が来ることを祈ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。