日々是カツァリス2010 9月23日茅ヶ崎公演

「これぞ、カツァリスの真骨頂!」

本日のおっかけレポートは、9月23日の茅ヶ崎公演です。

この茅ヶ崎公演、関東圏で唯一の休日開催で、また今回の来日公演でショパンのソナタ3番を弾く唯一の日でもあるため、コアな信者層から、You Tube の動画をみて興味をもったライト層まで幅広く集まってきた感もあり、そのような人たちにどのような演奏で答えるかが興味あるところでした。
ちょっと心配だったのは、そのメイン曲であるソナタ3番は、最近弾いていないため、仕上がり具合がどうかというところです。

ところが、その心配が的中。いきなりの当日プログラム変更で、ソナタ3番が3・4楽章のみとなり、代わりに、マズルカ、ノクターン嬰ハ短調遺作、ソナタ2番の第3楽章葬送行進曲が追加と、また変なプログラムに。このソナタ3番の3・4楽章のみというパターンは今年の5月のソウルで経験済みなのですが、はっきりいってソウルではよくありませんでした。
いきなり、凡演フラッグが立ってしまったか?という中でスタート。

登場したカツァリスは日本語で「ソッキョ キョク」と、即興演奏で本日はスタート。軽井沢ではアンコールに持ってきた即興演奏だったが、今日は冒頭で。
本日の材料は、「サムソンとデリラ」「アルハンブラ」「タンホイザー」「パガニーニラプソディ」の4品目。(会場出口の説明のボードには、ハンガリー舞曲とかいてあったが、それは軽井沢でのこと)
後半のタンホイザー、パガニーニラプソディはいつもの定食メニューだが、アルハンブラにはびっくらこいたな。あのCDピアノラリティーズで度肝を抜いた同音鬼連打炸裂! あれほんとに弾けるモンなんだ・・・。即興演奏はどうも毎日材料を変えてくれそうで、これは追っかけとしては、一つ楽しみが増えますな。

さて、本プロのショパン。前半は予定されていた曲から変更無しで、淡々とすすむ。まず、印象としては、ちょっとピアノの鳴りが悪いかなと。ただ、どうもピアノが悪いというよりはホールの響きがデッドだった影響のほうが大きいかもしれません。
カツァリス自身の調子としては、引き続き好調をキープ。また、定番レパートリーでのいろんな味付けも軽井沢とは変わってる部分もあって、やはりかなり意図的・即興的に変化をつけているのだなと再認識。とくにこの日の子守唄はゆりかご揺らしすぎ(笑)
相変わらずの弱音の美しさは健在で「ああ、やはりいいなあ」と思うことしきりでした。
ただ、カツァリスも少し弾きにくそうにしてる瞬間もあり、これは比較の問題なのですが、あの変幻自在のカツァリスマジックワールドを完璧に作り出してくれた軽井沢公演よりは、若干この日の出来は落ちるかなと思います。これは、ホールの音響のせいが大きく、あの精妙な弱音ピアニズムを実現するには、「本人の調子」「ピアノのコンディション」「ホールの音響」という3要素が完璧でないといけないのです。その点でこの日の茅ヶ崎市民会館はちょっと音響的に不利でした。いや、もちろんこの日の演奏もいい演奏だったですよ。でも逆に言えば、軽井沢が良すぎてあまりにハードルが上がってしまったのも事実ですなあ。

そんなことを考えながらも、後半スタート。この後半こそが、大半の聴衆が楽しみにしてくれていたソナタ3番がどうなるかで今日が成功かどうか決まるであろう重要なところ。まず、さらりとマズルカ。(このマズルカもずいぶん弾きかたが変わってたけど) で、本プロにもってきたカツァリス十八番のノクターン嬰ハ短調遺作。そして久しぶりにソナタ2番から葬送行進曲、この曲順、流れって妙に暗くなるよな・・・。

いよいよソナタ3番。予測されてた通りの4楽章は猛スピードで駆け抜ける超高速バージョン。実はソウルでもこのスピードで驚愕したのだが、ソウルと違ってカツァの調子が悪くはないので、破綻無く終了。(いまだからいうがソウルは悪かったんですよ・・・)
これなら、なんとかこれ目当てでやってきた人たちも満足できる内容だったのではないでしょうか。(しかし3・4楽章だけっちゅうのは、ソナタを聴いたって感じがまったくしない・・・聞いた気がしないという意味では春のポゴレリッチの演奏と同じだが、とても同じ曲とは思えんし・・・)

それなりに盛り上がった本プロ終了後は、アンコール突入、なにか変わった曲をやってくれるのだろうかという期待・・・。

1曲目、ショパンコンチェルト2番ソロバージョン2楽章。これは本当にいいアンコールピースになったね。おそらくノクターン嬰ハ短調遺作を本プロでやったからこちらがアンコールに回ったって感じかな。この曲は何回でも聞きたい。

2曲目、おなじみゴッドシャルクのバンジョー。バンジョーとカツァが言った瞬間、客席から歓声があがったくらい、お待ちかね!なのか。意外に期待してる人多いのね。確かに盛り上がるからな。花火のように終了、喝采。

3曲目、チャイコフスキー四季より秋の歌10月。カツァのチャイコフスキーっつたらこれしかないからなあ。

4曲目、バッハコンチェルトNo.5 BWV1056よりラルゴ。ここのところ、アンコールでバッハといえばシロティ編のプレリュードだったのだが、この日は珍しくラルゴ。伴奏の左手のスタッカートをこれでもかと効かせて、抑制された静寂バッハ。流れ出る音がコロコロと音色を変えて魅了されますた。

5曲目、これが本日のハイライト。シューマン作曲トロイメライ冒頭さくらさくら(笑) 当日聞いてない人はなんのことかさっぱりだと思いますが、冒頭に即興風にさくらさくらのテーマを弾いたあと、トロイメライになり、どうなるんだ?と皆が思っていながらも、そのまま普通にトロイメライが終わったという摩訶不思議な演奏でした。。。これはおそらく、さくらさくらをテーマにして即興的に弾きはじめたものの、続きを忘れたか、面倒くさくなったかで、トロイメライに変更、そのまま弾き切ってしまったという、これぞある意味ほんものの「即興演奏」というものだった思います。真相はカツァリスにきいてもごまかされるだけだとおもうので、やめておきましょう。面白かったからいいや。(笑)

で、いろいろあった茅ヶ崎公演も終了。カツァリスは相変わらず、ご機嫌で体調も良いし、好調をキープ。冴えまくっている弱音の魅力も堪能でき、もちろん定番のようなワルツ、幻想即興曲での内声えぐりはこれでもかと健在。アンコールでは、バンジョーで盛り上げ、バッハでしっとり、おまけに最後によくわからない謎トロイメライを平気な顔で弾き切って、まさにやりたい放題。で、冒頭の言葉へ戻ります。

「これぞ、カツァリスの真骨頂!」 

やりたい放題は、まだまだ続きます。次は、25日土曜日に西宮・兵庫県芸術文化センターです。

引き続き告知します。
↓↓↓

オフ会を開催いたします。
会の趣旨としては、カツァリスが好きな人なら誰でも気軽に参加していただけるものです。

「カツァリスを囲む会2010」

日時:10月16日(土)13:30-16:30

場所:東京・赤坂見附駅近辺(参加が決まった方にのみお知らせします)

参加費:5,000円(予定)事前振込
    ワンドリンク、軽食、デザートつき
内容:
 ・カツァリスからの近況報告
 ・カツァリスと自由に懇談、サイン、写真
 ・参加者同士の懇親
 ・希望者のみカツァリスと連弾
    (希望の方は、5分以内の曲を楽譜持参でご用意ください。希望者が
多い場合は抽選にさせていただきます)


申し込み方法など、詳しくはこちら。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク