スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是カツァリス2010 10月8日浜離宮公演

さて、信者集結、満員御礼の浜離宮公演だったわけですが、その思いが充満したからか、なんか異様な緊張感にホールが包まれておりまして、セキの一つも許さないかのような雰囲気。
その中でとくに前半の子供の情景など、研ぎ澄まされた音で、こんな力が抜けない演奏ははじめてというくらいの緊張感あふれる演奏でした。
今回はそんな演奏をみなさんがどう感じたか、ツイッターでの反応を紹介しましょう。。。

@oresama7
カツァリス今日もいいなぁ。。

@manason_vc
カツァリスはやはりカツァリスだった! そして、会場でドクター中松を見た。生中松。

@yamaharleyken
カツァリスとてもよかった!華麗な技巧はもちろん、PPの美しさときたら…ホール中が愛で満たされるようでした。私も腹時計で競演してしまいましたすんませんした>隣の方

@susumusawamura
カツァリスからあまりにも多くのことを受け取って、頭いっぱい。

@yoko_asami
アンコールが一番神がかってましたな!バンジョーが人間技とは思えんかったです。。あと個人的にチャイコ10月が聴けてよかった!

@nozome
一度観たかった天才、シプリアン カツァリス先生のピアノリサイタル。本当に素敵だった♪サインもいただいて、あたしゃ満足だよ。

@kaochip
神カツァリスは、やっぱり『神』でした♪やっぱりスゲー。何度見てもやっぱりすげー!握手してきた♪3回目♪

@k1009note
シプリアン・カツァリスのピアノリサイタル(@浜離宮朝日ホール)に行ってきた。いきなりプログラムにない即興演奏から始まってびっくり。音綺麗すぎて落涙。内声の際立たせ方エグくて爆笑。やはりわたくしはカツァリス推しですね。

@D894_schubert
カツァリスの緊張感すごかった―!ピアノ協奏曲終わったときのあの長い静寂は、演奏後に高く上げた手を極限的にゆっくりと鍵盤に向かって下げていたからです!弾いてないときにあそこまで引き込まれたのは初体験♪♪


事情があり、この日のレポートはこれだけにしておきます。
カツァリスさんは、一度ベルリンに戻り、ギリシャのオケとベートーヴェンの3番コンチェルトを弾いた後、14日に再来日の予定です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。