スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年来日公演情報:NHK音楽祭2011 17年ぶりのN響との共演!

先にツイートしましたが、なんとびっくり、NHK音楽祭2011に出演決定です。

日時 2011年10月6日(木)
開場 18:00 プレトーク-18:30 開演-19:00
会場 NHKホール

NHK交響楽団
ネヴィル・マリナー(指揮)
シプリアン・カツァリス(ピアノ)

■曲目
モーツァルト/交響曲第32番 ト長調 K.318
モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
ブラームス/交響曲第1番 ハ短調 作品68

入場料
SS席¥10,000 S席¥8,000 A席¥6,000
B席¥5,000 C席¥3,000  D席¥2,000

チケット発売日などは、リンク先をご覧ください。
http://www.nhk-p.co.jp/concert/20111006_124110.html

さて、本当に驚きでしたが、久々に我等がカツァリスが表舞台復帰!みたいな感じですね。
そう思ってしまうのが、ちょっと悲しいですが。。。

N響との共演は初来日の1985年にシューベルトリストのさすらい人とハンガリー幻想曲をやって鮮烈デビューを果たし、その後、88年にシューマン、94年にモーツァルト12番と定期的に共演しています。今回はモーツァルトの21番ということでこれは日本初披露ですので楽しみですね。

そうそう、カデンツァはどうするんでしょう。PIANO21で進行中のモーツァルトコンチェルト全曲集のVol.4に21番が収録されていますが、そこでは第1楽章、第3楽章とも自作のカデンツァを披露しており、本編ではモーツァルト風で、ボーナストラックではフリースタイルでと、2パターンあります。N響との本番では、どのようにするのでしょうか。最近の即興演奏の凝りようからいえば、フィガロとか魔笛とかのフレーズを散りばめた即興カデンツァにしたりするのも意外にありえるかも。聴衆が口あんぐりになるくらいまで無茶やってほしいな。

その辺はもしかしたら、当日18:30から予定されているプレトークなんかで語られるかも。(このプレトークって演奏者の?)

そんなわけで招聘元レガーレさん、ほんとにGJです。ありがとさんです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プレトークは奥田佳道(音楽評論家)と書いてありました。どんな人なのでしょう?
Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。