スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是カツァリス2013:10月20日宝塚公演

秋の来日公演3日目は、宝塚公演です。
本日は非常に良かったです!

10月20日(日)14:00開演 兵庫県・宝塚ベガホール

【プログラム】
即興演奏
ショパン:ワルツNo.15/19
ショパン:ノクターンNo.20遺作
ショパン:軍隊ポロネーズ/ポロネーズNo.4/幻想即興曲
ショパン:ピアノ協奏曲第1番2楽章(ソロVer.)
ベートーヴェン(カツァリス編曲):ピアノ協奏曲第5番皇帝(ソロバージョン)

前半のプログラムで、いきなり軍隊ポロネーズが追加。たぶんこれは間違いとかじゃないので、気分が乗ってきて弾いたのかも。プログラムの流れ的にはこれは一息つけて良かったです。

今日の演奏は、今回のツアーで付きっきりの専属調律師の曽我氏と、いつものヤマハCFXの持ち込み、そしてベガホールのちょうど良い大きさと素晴らしい響きと、好条件に加えて、肝心のカツァリスの調子がなかなかよく、久々の超快演となりました! ああ、良かった!

え、名古屋はどうだったかって? 

いや、あれはカツァリス自身は良かったって言ってたから(震え声)

即興演奏から気迫みなぎり、ショパンのコンチェルト1番のラルゲットの美しいこと!
後半の皇帝は、ますます定番レパートリーとして安定感を増してきて、まったく危うさを感じなくなってきて、余裕さえ感じられるくらい。
この皇帝、いまでも、どこへ行っても言われるであろうベートーヴェン交響曲全曲(リスト編曲)を成仏させることができる20年越しの「答え」になっているような気がします。

アンコールは4曲。
1.チャイコフスキー:10月
2.ショパン:ノクターン Op.9-2
3.マルチェロ(バッハ編曲):オーボエ協奏曲よりアダージョ
4.カラスコ:アディオス

ちなみに、この日、「ブラボーが出るまでアンコール弾かない」などと訳の分からない意地を張っていたようですので、浜離宮では盛大なブラボーをお願いいたしますwww

明日は、大阪でヤマハのマスタークラスのようです。

http://www.yamaha-mf.or.jp/center/nanba/learn/seminar/entry_005566.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
情報のアップデートは基本、ツイッターでお知らせいたします
プロフィール

U-YAN

Author:U-YAN
「ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリス」本サイトはこちら。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。